内科・循環器内科・消化器内科
医療法人社団 きただい医院 ホームページ
香川県木田郡三木町下高岡1464-12

TEL: 087-840-2566

ホーム
院長紹介
施設・設備のご案内
施設・設備のご案内
内視鏡検査
施設・設備のご案内

診療のご案内

診療科目

  • 内科         
  • 循環器内科   
  • 消化器内科  
  • 内視鏡検査  

診療科目

診療内容

  • 高血圧 (循環器専門医)
  • 高コレステロール血症 
  • 糖尿病 インスリン治療  
  • 内視鏡検査 (鎮静剤を使用した胃カメラ・大腸カメラ)(消化器病専門医 内視鏡専門医)   胃がん 大腸がん 
  • ピロリ菌検査・除菌治療
  • 便秘症
  • 超音波検査 (心臓 腹部 頸動脈 末梢血管)(超音波専門医 肝臓専門医)
  • 循環器疾患 狭心症 心筋梗塞 不整脈 心不全
  • 発熱、咳、痰、感冒、頭痛、腹痛 喘息などの内科全般の診療 (総合内科専門医)
  • 健康診断(一般健康診断、特定健康診査、がん検診など)
  • 予防接種   要予約 MRワクチン 肝炎ワクチン インフルエンザワクチン 帯状疱疹ワクチン など全般  
  • コロナワクチン (ファイザー)

主要な症状

心筋梗塞・慢性腎不全・脳梗塞・認知症の予防に、高血圧・糖尿病・コレステロールの治療は非常に重要です。

認知症・寝たきり防止、健康寿命を延ばすために、しっかり動脈硬化を予防しましょう。またできるだけ早期に治療(食事療法含む)を開始しましょう。

心臓病

  • 圧が高い。体がほてる。頭痛がする。足がむくむ。
  • 脈が飛ぶ 動悸がする 息切れがする  

糖尿病

  • 血糖値が高い 尿が泡立つ 傷が治りにくい のどが渇く 
  • 足の裏がしびれる
胃潰瘍 逆流性食道炎

  • 胃が痛い 胸やけがする 便が黒い

便秘症

診療科目
降圧目標  高血圧治療ガイドライン 2019


治療中の方は、この値を目指しましょう

食塩を1日6gに減らすと、血圧が5mmHg程度下がります。

血圧は朝起きて、トイレに行った後、朝ごはん前、内服前と、

寝る前に1日2回測定しましょう。

 https://www.jpnsh.jp/info_movie02.html 

  高血圧学会 一般向け動画へのリンク

 https://www.jpnsh.jp/general_life.html 

  高血圧学会 減塩習慣へのリンク

現在のところ腎不全には有効な治療がなく、血圧コントロールによる予防が非常に需要です。

食品に含まれる食塩量

うどん ラーメンは塩分が多いです。お汁は残しましょう。

大塚食品 武田製薬へのリンクです。分かりやすいのでご参照ください。

 https://www.otsukafoods.co.jp/enjoy/health/index02-2.html

 http://www.sukoyacafe.takeda-teva.com/tool/tool02.html

食事療法でも血圧が下がらない場合、最初からかなり血圧が高い場合、腎不全などの合併症がある場合はお薬が必要です。

まずは心電図・心エコーで弁膜症や心肥大の有無を確認、血圧が上がるホルモン産生腫瘍の有無を確認します。年齢や蛋白尿 腎不全 心不全の程度を考慮し、内服薬を決めます。

第1選択はカルシウム拮抗薬(アムロジピン)か、ARB(テルミサルタン、カンデサルタンなど)になる場合が多いです

高コレステロール血症の治療目標

コレステロールの治療目標は個人によって異なります。心筋梗塞や狭心症の持病のある方は、再発予防のためにかなり低下させる必要があります。ご自身の危険因子を確認してください。

リスク別 高コレステロール血症の治療目標

  日本動脈硬化学会ガイドライン2017より引用

運動療法でもコレステロール高値が続く場合は心筋梗塞、脳梗塞などのリスクが高まりますのでお薬が考慮されます。最近の薬は非常に効果がありますので、1日1錠でほとんどの方が目標値に下がります。

https://www.j-athero.org/jp/general/index/

 動脈硬化学会 一般向けページ。

 心筋梗塞発症リスク予測アプリもあります。

糖尿病の治療目標

 日本糖尿病学会

糖質制限(砂糖 パン ごはん 麺類)、甘いもの、お菓子やジュースを制限します。初期であれば体重を減らすことで治癒可能です。

食事・運動療法でもHbA1cが6.5を超える場合、初診時から合併症のある場合、脳梗塞や心筋梗塞になるのでお薬を服用します。

お薬が増えても効果がない場合は注射の適応になります。

最近はインスリン注射以外にも、週に1回の注射もあります。

GIP/GLP1受容体作動薬のマンジャロなど、評価の高い新薬が使用可能となっております。

またSGL2阻害薬など腎不全の進行を抑える内服などもあります。

腎不全は早期の治療開始がとても重要です。

自由診療の検査

無症状のコロナPCR検査1万4千円 
無症状のコロナ抗原検査5千円 
インフルエンザワクチン3千500円 (町の接種券のない方)

ワクチン接種  病院実習前などの予防接種。 風疹ワクチンクーポンのあるかたなど

医療従事者は特にワクチン接種が必要です。

B型肝炎の予防接種は針刺し事故などにおける劇症肝炎の予防にとても重要です。